散歩、スポーツ等、家族で大宮公園に行こう

大宮公園は、埼玉県の県営公園で、さいたま市大宮区にあります。
この公園の歴史は古く、なんと明治18年にJR大宮駅がオープンした際に、一緒に設置されました。
ただし、大宮公園と言う名称は、戦後から呼ばれたようで、その以前までは氷川公園とされていました。

この公園は大変広く、第二公園、第三公園と昭和になってから開設された公園もあり、この3つの公園をあわせると総敷地面積はおよそ35ヘクタールあります。
最寄りの駅は大宮公園駅となりますが、電車を降りてから向かう入り口によって、公園のどの場所が近いかが異なりますので、入り口をよく見てください。
また、野球場、弓道場、体育館、大宮双輪場、プール、サッカー場等、スポーツ施設は幅広く利用できるようになっています。

また、「歴史と民族の博物館」、「児童スポーツランド」、「樹齢百年以上のアカシデ」、そして、隣接して護国神社と氷川神社があります。
さらに、「埼玉百年の森」と呼ばれる場所では、樹齢100年を超える赤松林があります。
特に休みの日となれば、人も多くなりますが、それでも特に何も用事がない日に、家族や友達と、ピクニックがてらに出かけてもいい場所です。

スポーツをするのもいいし、ジョギングをしたり、ただゆっくりと歩いて過ごしたりするのも悪くないでしょう。
大変広い公園ですので、博物館でさまざまな情報を学ぶ機会を作ったり、樹齢100年の木の下で、考えにふけったりするのもひとつの過ごし方かもしれません。
これだけの公園が時代から時代に引き継がれてきたことに、感謝をするべきだと心から思います。